読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久保清隆のブログ

ライフハック、健康、旅行など、役立つ情報を書きます。

色彩の勉強法

11月9日、色彩検定2級を受けた。

結果はまだ出てないが、合格していた(12月19日)。

答え合わせしたら、8割強だった。

ということで、勉強法はあまり間違ってなかったと思うので方法を一応メモ。

前提条件

  • 3級は飛ばして2級のみを受けた。

(2級とれば3級はいらないかなと思ったので3級は受けなかった。)

  • 勉強期間は2週間半くらいで、時間にすると24時間くらいだったと思う。

(ただ、色の見え方や目の構造などは理系なので最初から知っていたため、そこに費やす時間は少なくてすんだ。)

勉強法 〜全体の流れ

大きな流れとしては、

  • 1.実際の2級の過去問を一通り見る
    • 【所要時間:1時間】
    • どういう知識が必要なのかを体感。これが一番重要だと思う。
  • 2.3級、2級の参考書を購入
  • 3.3級の参考書を読んで色彩の基本を理解
    • 【所要時間:(10分〜1時間)×1週間】
  • 4.2級の参考書を読み、試験に必要な知識を身につける
    • 【所要時間】
      • 1周目  :(10分〜1時間)×1週間
      • 模擬試験:(テスト:70分、解説読み:60分)
      • 2周目  :(10分〜1時間)×4日間(苦手分野に集中する)
  • 5.当日、最終チェック
    • 【所要時間:2時間】

勉強法 〜詳細

1.実際の2級の過去問を一通り見る

色彩検定公認の過去問題集があるので、過去問題集を最初から答えを見ながら立ち読み。
必要な知識は何かということを調べる。
最初は全然わからなくてもとにかくどういう問題なのかをみる。
敵を知らないと有効な対策はできない

2.3級、2級の参考書を購入する。
  • 3級の参考書

ズバリ合格!色彩検定3級試験

ズバリ合格!色彩検定3級試験

上記書籍を購入。

  • 3級の参考書選びでのポイント(3級は試験を受けないことが前提)
    • カラー版であること(驚いたことにカラーじゃない参考書がある)
    • 問題数が多いこと(問題を解いた方が覚えやすい)
    • 解説がしっかりしていること(最初の理解が肝心なので)
    • 色名などの資料が豊富であること(2級参考書は試験用にするので資料が少ない可能性が高い)
  • 2級の参考書

上記参考書を購入。

  • 2級の参考書選びのポイント
    • 3級でのポイントの最初の2つ
    • 模擬試験が付いていること(一通り読んだ段階で何点とれるか確認するため)
    • 記憶しやすいように分類して内容が書かれていること
3.3級の参考書を読んで色彩の基本を理解する。

3級の参考書を読む。
記憶するというよりは理解することを心がける
理解すると覚えやすいし、3級は試験を受けないので記憶は2級の方で重点を置く。

4.2級の参考書を読んで試験に必要な知識を身につける。

2級の参考書を読む。

  • 1周目
    • 記憶しながら読むようにする。
    • 問題を解く際、知識を忘れていたらそのつど、参考ページを開き、再記憶する。(面倒だが、非常に記憶率が高くなる)
  • 参考書についている模擬試験を解く
    • この時点で得点率は6割半くらいだった。
    • 点が取れてないのは、色名の問題と記述の問題。
    • 弱点が明確になった。
  • 2周目
    • 弱いところを重点的に読み、問題演習を行った。
    • 色名に関しては、購入した参考書では不足していたので、ネットで検索した。
5.当日、最終チェック
  • 試験当日
    • 試験は午後からなので、一通り流し読みし、忘れているポイントを再確認。(この最終確認は非常に重要だと思う。ど忘れを防止できる。)


上記の方法で、本試験で8割以上とることができ、合格できた。



お読み頂きありがとうございます。
少しでもお役に立てたらクリックお願いします↓。

にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへブログランキング・にほんブログ村へ