読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久保清隆のブログ

ライフハック、健康、旅行など、役立つ情報を書きます。

MySQLのdump(ダンプ)でデータをバックアップ/復元:MySQLの基礎知識

MySQLのdump(ダンプ)でデータをバックアップ/復元する方法(コマンド)についてまとめた。

目次

dump(ダンプ)とは

dump(ダンプ)とは、デバッグやデータ修復のために、ファイルやメモリの内容をディスクに出力(記録、あるいは表示)すること
データベースにおいては、データベースの情報をファイルに書き出して保存することをdump(ダンプ)と呼ぶ。これはデータベース移行の際に利用される。

dumpは、プログラムを開発する際に動作を追跡するために利用することが多い。
dumpされたファイルには、dump作成時のメモリ上のデータが丸ごと書き出される。
従って、プログラムの開発などを行う場面では、データをdumpしてデバッガに読み込ませ、プログラムの問題を分析することで、問題の原因を発見できることがある。


UNIX系OSでは、プログラムが不正終了した時に、その時点でプログラムが使っていたメモリの内容を自動的にdumpするようになっている。また、UNIX系OSにおいて、メモリを強制的に中断させて内容を書き出すことを、コアdumpと呼ぶ

MySQL dumpでデータのバックアップを取る

特定のデータベースのみのバックアップは、以下のコマンドで行える。

mysqldump -u ユーザ名 -p DB名 > 出力先ファイル名

例えば、

mysqldump -u root -p DB名 > dump.sql

とする。

もし出力したデータが文字化けしていたら、文字コードを指定して出力する必要がある。

mysqldump --default-character-set=utf8 -u ユーザ名 -p DB名 > 出力先ファイル名


mysqldumpのバックアップは、SQLベースのバックアップが可能。存在するデータを全てSQLにして、テキスト形式に保存できる。
以下のコマンドで、全てのデータベースのバックアップが可能。

mysqldump -u root -x --all-databases > dump.sql
dumpファイルからデータを復元する

特定のデータベースのみの復元の場合は、以下のコマンドでできる。

mysql -u ユーザ名 -p DB名 < ダンプファイル名

例えば、

mysql -u root -p DB名 < dump.sql

とする。


mysqldumpの全てのデータベースのバックアップを復元するには、

mysql -u root -p < dump.sql

のように、mysqlクライアントにファイルの内容をリダイレクトするだけでよい。

MySQLのオススメ書籍

3ステップでしっかり学ぶ MySQL入門 (今すぐ使えるかんたんプラス)

3ステップでしっかり学ぶ MySQL入門 (今すぐ使えるかんたんプラス)

図解が豊富でわかりやすい。
文字ばかりだときつい人や、最初に全体像を理解したい人にオススメ。


MySQL徹底入門 第3版 ~5.5新機能対応~

MySQL徹底入門 第3版 ~5.5新機能対応~

  • 作者: 遠藤俊裕,坂井恵,館山聖司,鶴長鎮一,とみたまさひろ,班石悦夫,松信嘉範
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2011/08/26
  • メディア: 大型本
  • 購入: 9人 クリック: 82回
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
MySQLの定番書。
これを読めばMySQLでできることの主要な部分は全て理解できる。
MySQLをしっかりと学びたい初心者にオススメ。




お読み頂きありがとうございます。
少しでもお役に立てたらクリックお願いします↓。
にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ人気ブログランキングへ Subscribe with livedoor Reader 


◆◆このブログのサイトマップへ◆◆