読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久保清隆のブログ

ライフハック、健康、旅行など、役立つ情報を書きます。

常識として覚えておきたい気象用語

  • 「未明」って何時のこと?
  • 「あられ」、「ひょう」、「みぞれ」の違いは?
  • 「霧」と「もや」の違いは?


これらは、日本人としては常識的に知っておきたい言葉。
小説などに出てきて、なんとなく聞いたことがあるけど、
はっきりした意味がわからない気象の表現は結構ある。
自分自身あいまいだったので調べてみた。
知っておけば、天気予報を聞いた時、理解度が上がる。
日本語の表現が豊かになる。
適切に状況を描写できる。
なんとなく知的にみられるかもしれない。

時間

未明 0〜3時
明け方 3〜6時
6〜9時
昼前 9〜12時
昼過ぎ 12〜15時
夕方 15〜18時
夜のはじめ頃 18〜21時
夜遅く 21〜24時
宵のうち 日没の後2〜3時間の間。ただし誤解が多く夜のはじめ頃と表現されるようになった。

気温

猛暑日 最高気温が35度以上
真夏日 最高気温が30度以上
夏日 最高気温が25度以上
熱帯夜 夜間の最低気温が25度以上
真冬日 最高気温が零度未満
冬日 最低気温が零度未満

雨の強さ
強さの表現 実際の強さ(1時間あたりの雨量)
やや強い 10以上20ミリ未満。ザーザーと降るイメージ。
強い 20以上30ミリ未満。土砂降り。
激しい 30以上50ミリ未満。バケツをひっくり返すように降る。
非常に激しい 50以上80ミリ未満。滝のように降る(ゴーゴーと降り続く)。
猛烈な 80ミリ以上。息苦しくなるような圧迫感があるイメージ。
雨の種類
時雨 晩秋から初冬にかけて、晴れていた空がにわかに暗くなり、ハラハラと雨脚軽く、降っては止み、止んでは降りを繰り返す通り雨。
あられ 直径5ミリ未満の氷の粒
ひょう 直径5ミリ以上の氷の粒
みぞれ 雨と雪が混ざって降る気象現象
狐の嫁入り 晴れているのに降ってきた雨

表現 定義・感覚
やや強い風 風速10m/s以上15m/s未満。傘がさせないくらい。
強い風 風速15m/s以上20m/s未満。風に向かって歩けないくらい。
非常に強い風(暴風) 風速20m/s以上30m/s未満。立っていられないくらい。
猛烈な風 風速30m/s以上、または最大瞬間風速が50m/s以上の風。屋根が飛ぶ。木造は全壊。
強風 風の強い状態の総称
突風 急に吹く強い風で継続時間の短いもの
朝(夕)凪 陸風の弱まる朝夕に沿岸でほとんど風が吹かなくなること
木枯らし 晩秋から初冬にかけて吹く、北よりの(やや)強い風

※風速:10分間平均風速を指す。

その他

もや 地上付近の霧で、視野が1km以上を特にもやと言う。
地上付近の霧で、視野が1km未満。
十五夜 旧暦8月15日の夜。中秋の名月と呼ばれる月の綺麗な季節。
八十八夜 5月2日頃。立春から数えて88日目。
冬季に、地面から生えてきたような氷の柱。
氷柱 建物の軒下や岩場などから棒状に伸びた氷。
エルニーニョ現象 太平洋赤道域の中央部から南米のペルー沿岸にかけての広い海域で海面水温が平年より高くなり、その状態が1年程度続く現象
ラニーニャ現象 エルニーニョと逆に、同じ海域で海面水温が平年より低い状態が続く現象
明けの明星 金星のこと。朝に見える場合をいう。
宵の明星 金星のこと。夜に見える場合をいう。
一番星 金星のこと

参照サイト

気象庁 Japan Meteorological Agency
http://www7a.biglobe.ne.jp/~KurashiToKisyo/index.htm



お読み頂きありがとうございます。
少しでもお役に立てたらクリックお願いします↓。
にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ人気ブログランキングへ Subscribe with livedoor Reader