読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久保清隆のブログ

ライフハック、健康、旅行、ビジネス、広告など、役に立つような情報を書きます。

ラポールの築き方 〜良好な人間関係を形成する秘訣

仕事術 恋愛・人間関係

良好な人間関係を築くためには、コミュニケーションスキルが大切になる。
コミュニケーションスキルの最も有効なものの1つに、ラポールがある。

ラポールとは、フランス語で「橋をかける」という意味で、相手と自分との間に心の橋が架かっている状態、すなわち、心が通じ合い、互いに信頼し、相手を受け入れている状態を意味する。
ラポールを築くことができれば、オープンなコミュニケーション(何でも話せる)を行うことができ、お互いに影響し合うことができる。
練習を重ねれば、どんな人とも簡単にラポールを築き、良い人間関係を築けるようになる。人と関わるときはいつでもラポールを築く練習の場になる。

最近、ラポールの築き方について学んだので、まとめた。
下記のことをおさえて、ラポールを築くようにすれば、より良好な人間関係を築きやすくなる。


ラポールを築くための基本

  • 人に影響を与えるためには、まず自分が相手から影響を与えられなければならない。
  • 誰しも自分の成功を望んでいる。相手の成功をこちらが願えば、必ずラポールを築くことができる。
  • ラポールを築くためには、4つのステップをふむとよい。
    • 相手をよく観察する
    • 相手との共通点を見つける
    • 相手の現実に入るだけの思いやりを持つ。相手のこと(考え方、性格など)を否定せずに受け入れる。
    • 相手の認識や経験を共有していることを相手に示す
      • 相手が世界を見るように見て、相手が感じるように感じ、相手が聞いているように聞く。

相手に合わせて効果的にラポールを築く方法

視覚に訴える方法、聴覚に訴える方法、触覚に訴える方法の大きく3つのアプローチがある。
人は視覚、聴覚、触覚すべてを使っているが、どれか1つのモードに集中する傾向がある。人によって、時と場合によって、相手のモードは異なる。相手がどのモードにいるのかを把握し、どのアプローチでいくのかを決めるとよい。

視覚

相手が視覚モードの場合、視覚を利用してラポールを築くことが有効である。

  • 視覚系であることの見分け方
    • 相手が視覚モードの場合、相手は以下のような特徴を持つ。
      • 非常に早口で話す
      • 思考の基本的な単位はイメージ
      • 視覚的な言葉を使う(話が見えますか?イメージわきますか?)
  • ラポールを築く方法
    • 同じような姿勢、座り方、身体の動き、ボディランゲージ、表情をする(ミラーリングという)。
    • 同じような服装をする。
    • 視覚に訴える。モノを見せたり、イメージがわくような言葉を使う。
聴覚

相手が聴覚モードの場合、聴覚を利用してラポールを築くことが有効である。

  • 聴覚系であることの見分け方
    • 相手が聴覚モードの場合、相手は以下のような特徴を持つ。
      • 話のテンポが平均している
      • 話が聴きやすく、急いでもないし、のろのろもしていない
      • 聴覚的な言葉を使う(私のチームは良いハーモニーを奏でている)
  • ラポールを築く方法
    • 同じような言葉遣いをする。
    • 同じスピードで話す。
    • 聴覚に訴える。モノの特徴を聞かせたり、音を連想する言葉を使う。
触覚

相手が触覚モードの場合、触覚を利用してラポールを築くことが有効である。

  • 触覚系であることの見分け方
    • 相手が触覚モードの場合、相手は以下のような特徴を持つ。
      • 非常にゆっくり話す
      • 思考の基本的な単位は感情である
      • 触覚、感覚に焦点を当てた言葉を使う(はかどっているように感じる。話がしっくりくる。)
  • ラポールを築く方法
    • 呼吸の速度を相手に合わせる。
    • 感情の強さを相手に合わせる。相手が強い感情で話していたら、こちらも強い感情で話す。
      • 感情の種類ではなく、感情の強さであることに注意。相手が怒っていたら、こちらも怒るということではない。強く怒っていたら、強く謝罪したり、強い反応を返すということ。
    • モノを手にとらせる。
    • 感覚に訴える。モノの感触を聞かせたり、感触を連想させる言葉を使う。
複数の人に対して話をする場合

複数の人に話をしてラポールを築く場合、上記3つのすべてを使うとよい。
すべてを使えば、皆が別々のモードにいても、全員とラポールを築くことができる。

事例
  • マーティンルーサーキングの「私には夢がある」という、世界を振動させた有名なスピーチ。

私たちが自由の鐘を鳴らすとき、すべての村とすべての水田に響かせるとき、すべての州とすべての街にそれを奏でるとき、すべての神の子たち、白人も黒人も、ユダヤ人も異教徒も、プロテスタントもカトリック教徒も、皆互いに手を取り合い、あの古い黒人霊歌の言葉で歌うことができる日が来るのを早めることになるだろう。
    • 視覚、聴覚、触覚すべてをスピーチに盛り込んでいる。
    • 視覚に訴えている場所
      • 村や水田、黒人や白人などはイメージを思い起こす言葉
    • 聴覚に訴えている場所
      • 鐘を鳴らす、歌を歌う、は音を思い起こす言葉
    • 触覚に訴えている場所
      • 自由は、感情を表す言葉

相手が必ずイエスと言う質問をすることでラポールを築く方法

  • 相手にイエスと言わせることで、ラポールを築ける。
  • コミュニケーションの達人は、皆この方法を使っている。
    • みなさんは、自分を成長させたいとか、人間関係を良好にする方法を知りたいとか、いろんな理由でこのブログを読んでます。
    • あなたは成功するために生まれてきた。
    • どんな成功であれ、その成功は手に入れる価値がある。
  • 相手を理解していることを示すことでラポールが築ける。

例えば、営業なら以下のようになる

(営業)おたくの会社では最近こういうことが起きてるそうですね。
(相手)そうです。
(営業)だからこういう問題が社内で起きてるんじゃないですか。
(相手)そうです。
(営業)それについて問題解決法を探しているんじゃないですか。
(相手)そうです。
(営業)それについてお話を持ってきました。
(相手)そこまで理解してくれてるなら話を聴きましょう、という気持ちになる。

参照

NLPの実践手法がわかる本 (実務入門)

NLPの実践手法がわかる本 (実務入門)

心の動きが手にとるようにわかるNLP理論 (アスカビジネス)

心の動きが手にとるようにわかるNLP理論 (アスカビジネス)

成功の9ステップ

成功の9ステップ



お読み頂きありがとうございます。
もしブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録よろしくお願いします。
twitter@kbktもやってます。IT系の最新情報やライフハック情報をよくつぶやいています。よろしければフォローしてください。
  にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ  人気ブログランキングへ


◆◆このブログのサイトマップへ◆◆