久保清隆のブログ

ライフハック、健康、旅行など、役立つ情報を書きます。

秋・夏の花粉症と風邪の見分け方、対策:秋・夏にくしゃみが止まらなかったら花粉症かアレルギーを疑った方がいい

花粉症

8月頃から、自分も含め周りにくしゃみが出て鼻水が止まらない人が多くなる。
夏・秋にくしゃみが止まらなくて微熱が出た場合は、風邪よりも、花粉症、ハウスダストを疑ったほうがいい


夏・秋に花粉症の原因となる植物

春に比べて少ないものの、夏・秋にも花粉症は存在する。ブタクサ、ヨモギ、カナムグラ、セイタカアワダチソウ(セイタカアキノキリンソウ)、イネが夏・秋の花粉症の代表的な植物

植物名 花粉の飛散時期
イネ 7月下旬〜8月
ブタクサ 8月〜10月
ヨモギ 8月下旬〜10月
カナムグラ 8月下旬〜10月上旬
セイタカアワダチソウ 9月下旬〜11月


また、秋はダニなどハウスダストによるアレルギーも増える(夏に繁殖したダニの死骸や排泄物が秋にたまりやすい)。花粉症の人は、ハウスダストのアレルギーも出やすい。

夏の終わり、秋の初めは季節の変わり目のため、くしゃみや鼻水が出た場合に、花粉症・アレルギーを風邪と勘違いしやすいので、注意が必要。

まずは風邪か花粉症・アレルギーかを見極めて、花粉症・アレルギーだと思ったら、早めに耳鼻科に行ったり花粉症 / アレルギー対策をするのがよい。




風邪と花粉症の見分け方

風邪と花粉症の見分け方は、症状でだいたい分かる。鼻水が一番わかりやすいと思う。
夏・秋の花粉症は、飛散量が春と比べはるかに少ないため、目のかゆみなどは出にくい。ただ、症状の強さには個人差があり、人によっては喘息の症状が出ることもある。

症状 花粉症 風邪
鼻水 水っぽい 粘りがある
目のかゆみ あり なし
発熱 あって微熱 高熱
食欲 あり なし
天候の影響 晴天で悪化 無関係
症状の継続 数ヶ月 長くて1週間

※花粉症かハウスダストのアレルギーかを見分けるには、病院で検査してもらう必要がある。


夏・秋の花粉症/アレルギー対策

上記で、自分の症状の原因を突き止めたら、それに応じた対策をとる。

花粉症の予防

原因植物に近寄らない

秋の花粉症の原因植物は、高さが2mくらいで、せいぜい数十mくらいしか飛散しないので、原因植物に近寄らないだけでも十分予防できる。上空の強い風に乗って数キロ以上先まで花粉を飛ばすことはあまりない。

花粉症メガネを着用する

スカッシー スマート スモール ブラウン

スカッシー スマート スモール ブラウン

マスクを着用する

以下をつけると、マスクがパワーアップするのでおすすめ。

アレルシャット ウイルス マスクでブロック 20mL

アレルシャット ウイルス マスクでブロック 20mL

最近はこういうのもはやってる。

アレルシャット 花粉イオンでブロック 160回分

アレルシャット 花粉イオンでブロック 160回分

室内に花粉が入らないようにする

  • 室内では窓を閉め、花粉の侵入を防ぐ
  • 帰宅時には衣服を払い、花粉を落とす

また室内に花粉が入っている場合、空気清浄機などが有効。
私は空気清浄機を導入してからかなり緩和された。以下の空気清浄機は強力で効果が実感できる。

空気清浄機は性能だけでいくと空気清浄機【サリール】がオススメ。医療用の空気清浄機なので、圧倒的な効果を実感できる。ただし、値段が非常に高い。



リーズナブルで効果も良いのは以下。

免疫力を高める

アレルギー反応の強弱にはその時々の体調が影響するため、免疫力を高く保つことが必要。



花粉症の症状緩和

花粉に悩んでいる人のためのジュース「じゃばら」

TV番組で紹介され人気となったじゃばら。これはスーパーフラボノイド「ナリルチン」が豊富に含まれている。
すっぱくないじゃばらジュースは、普通に美味しくて、飲み続けられるのがよい。


症状が長引いたら処方薬を飲む

  • くしゃみ、鼻水が多い場合:抗ヒスタミン剤
  • 鼻づまりが多い場合:ロイコトリエン拮抗薬
  • 眠くなりたくない人は、医師から第二世代の抗ヒスタミン薬を処方してもらうとよい。

ミント系のガムを噛むと、花粉症の症状が軽減される。

咀嚼運動によるリラックス効果、ペパーミントの抗アレルギー作用が働くため。

部屋の掃除をする。ハウスダストを排除して、原因を取り除く。

ホコリ等のハウスダストを排除すると症状が緩和する場合がある。

お茶を飲む