久保清隆のブログ

ライフハック、健康、旅行、ビジネス、広告など、役に立つような情報を書きます。

寝違えをあっという間に治す方法 〜寝違えの原因と根本治療、対症療法のまとめ

寝違えて首が痛くなったとき、首や肩を揉んでもなかなか治らない。それは原因となっている部分に直接アプローチしていないため。また揉んだりすると、逆に首に炎症を発生させ痛みが強まってしまうので注意が必要。いつ寝違えるかわからないので、寝違えたときに正しく対処できるように原因と方法をまとめた。



寝違えの原因

  • 寝違いで首が痛くなり動かなくなる原因は、寝ている間に脇の内側を通る腋窩神経(えきかしんけい)が圧迫されること
  • 腋窩神経は首を支える筋肉につながっていて、ここが血行不良でしびれると首に痛みが発生する。

寝違えの治し方

  • 根本治療と対症療法がある。
  • まずは根本治療を行い、痛みが残っていれば、対症療法を行うとよい。
【根本治療】脇の下の筋肉を伸ばし、血行をよくする

首や肩の痛いところを揉んだり、薬を塗っても治らないが、下記の方法で脇の下の血行を回復したら、動かない首が、すぐ動くようになる

  1. リラックスして手をダラーっと下げる。
  2. 首の痛む側の手をゆっくり後ろに、自然に止まるところまで引き上げる。
  3. 止まったところで、20秒数える。
  4. 次に肘を110度に曲げた(鈍角)状態から前方に上げていく。おそらく、真上まで上がる。
  5. その状態で20秒。
  6. 以上を3セットほどすれば、神経が開放されて首が動かせる。重症な人はさらに2〜3セット続ける。

 

【対症療法】コリをなくす(痛みを緩和する)

これは、抜本的な解決法ではないが、痛みを緩和する効果がある。

  1. 首を両側に傾けて、どちらが痛いか確認する
  2. 頭を中心(垂直)に戻す
  3. もし首の左が痛んだら、左手の指を左のこめかみに当てる
    • 右側が痛ければ、右手の指を右のこめかみに当てる。
  4. 指と頭で押し合う。そのとき双方の押し合う力は均等にする。つまり、頭の位置はそのままで指と頭で押し合う。
  5. そのまま4秒ほど静止
  6. そして、首の力をゆっくり抜く
  7. 1〜6の手順を4セット繰り返す
  • ※この方法は健康のためするものではないので、両側をやる必要はない。寝違えた時に、痛みのある方をやればよい。

参考

ゴッドハンド輝(46) (少年マガジンコミックス)

ゴッドハンド輝(46) (少年マガジンコミックス)


────────────────────────


twitter@kbkt:IT系の最新情報やライフハック情報についてのつぶやき。
久保清隆 facebook
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ  人気ブログランキングへ


◆◆このブログのサイトマップへ◆◆