久保清隆のブログ

ライフハック、健康、旅行など、役立つ情報を書きます。

「MyBook」でフォトブックを作成したらクオリティが高くてリピートした

旅行などで写真をたくさん撮るので、プリントアウトしてアルバム(フォトブック)にしてみたいと思っていた。
フォトブックとは、デジカメやスマホで撮った写真を使って一冊の本(写真集)としてまとめたもの。最近作る人が増えていて、ここ10年で6倍くらい増え、2016年は569万冊作られたらしい(日本フォトイメージング協会調べ)。
結婚式の写真や子供の成長記録、旅行の思い出、卒業アルバム“"などをフォトブックにされている。

いつかやるなら今やろうと思い、アスカネットの「MyBook」というフォトブックで東京で撮影した写真のアルバムを作ってみた。
アルバムの品質がよく満足度が高かったので、もう1冊作ってみようと思い金沢旅行のフォトアルバムも作成した。



目次

MyBookを選んだ理由

フォトブックを作れる会社は調べてみるといくつかあった。中には無料でフォトブックを作れるアプリもあった。ただ、フォトブックを作るのは手間と時間もそれなりにかかるし将来見返したいものなので、安くてもクオリティが低いものになったら嫌だなと思い、クオリティが高くコスパがよさそうなところを選ぼうと思った。
色々調べて、プロの写真家も認める高品質さと言われていて、値段もほどよいアスカネットの「MyBook」を選んだ。

自分で写真を選んでレイアウトを決めてつくる方法以外に、つくる時間がない人のために、以下2つの選択肢がある。

1つは、おまかせMyBookという、写真データを送るだけでデザイナーがフォトブックを作成してくれるサービス。時間がないけどちゃんとしたフォトブックを作りたい方やプレゼント用にしっかり作りたい方などにオススメ。価格は、6,264円。
おまかせマイブック画像


もう1つは、オートアルバムというサービスで、最大1600枚の写真をパソコンにアップロードするだけで1冊のインデックス型のフォトブックにできる。写真が多すぎて整理が難しい方やとりあえず全部プリントしたい方、レイアウトなど難しそうに感じる方にオススメ。価格は、1404円〜6091円。

オートアルバム画像


私は、自分で自由に作りたいと思ったのとデザインテンプレートがたくさんあって色々試してみたくなったので、「MyBook」で作ることにした。


MyBookを使って感じたオススメポイント

MyBookを使って感じたオススメポイントは大きく3つある。

1つ目は、レイアウトの自由度。真っ白なキャンバスに自分が好きなように写真や文字を入れることができる。

2つ目は、デザインテンプレートが豊富なこと。デザインテンプレートを使って簡単にハイセンスなアルバムにすることができる。
デザインテンプレートの例
“”
3つ目は、仕上がりの質が高いこと。しっかり製本されていてケース付きで送られてくるので、高級感のあるアルバムになり、自分だけで楽しむのではなく他の人にも自信を持って見せることができる。

実際の仕上がりはこんな感じ。


半透明のケースに入れられている。


製本もしっかりされている。


印刷もすごくきれいで、細部まで表現されている。


今回私が注文したのはマイブックハードカバー 180Sサイズ 20ページ。
18cmの正方形。このくらいのサイズだと本棚にも入るし、インテリアとして飾ることもできていいなと思ったため。ちなみに一番人気のあるサイズらしい。


ハードカバーかソフトカバーか、サイズ、ページ数も選ぶことができて自由度が高い。サイズは、正方形、縦型、横型があり、それぞれ大きさが複数用意されている。
ものによって値段も違うので、価格一覧を参考に予算と相談して決めるのも良いと思う。
MyBook価格一覧

MyBookの作り方

以下の3ステップで作ることができる。

  1. 編集ソフトをダウンロード
    • MyBookEditorのダウンロード“"
    • マックの場合は、私が行ったときは、システム環境設定>セキュリティとプライバシー>一般で、ダウンロードしたアプリケーションの実行許可を「すべてのアプリケーションを許可」にしないと実行できなかったので、できなかったらこの方法を試すとよいかも。
  2. 編集ソフトでレイアウト
    1. フォトブックのテーマを決める
    2. 使う候補の写真をすべて1つのフォルダにまとめる
    3. 写真を見ながらフォトブックの形と大きさ、表面加工の方法を決める
    4. デザインテンプレートを決める
    5. 写真を当てはめていく
    6. 文字やイラストを入れる
    7. 間違いがないか最終確認する
  3. 注文ボタンをクリック
    • 注文ボタンを押すまでは料金が発生しないので、色々試せる。

一番迷ったのは本文ページの表面加工の方法。
ラミネート加工(光沢)、ニス加工、ラミネート加工(つや消し)の3つがあり、最初は違いがわからなかったが、以下を見ると一目瞭然。

本文ページの表面加工の方法

その他、詳しくはマイブックの作り方“"を参照。


フォトブックを作成した後の楽しみ方

フォトブックを注文して家に届いたら、色々な楽しみ方ができる。

自分で鑑賞して楽しむのもいいし、インテリアの一部にするのもいい。
また、結婚式や旅行のフォトアルバムだったら複数注文して家族や友人にプレゼントするのもいいと思う。
子供の成長記録を両親にプレゼントするのも喜ばれそう。
これから夏休みなので、夏休みの思い出をフォトブックにするのもよさそう。


ちなみに金沢旅行のフォトブックはこんな感じで文字も入れてみた。


今なら初回限定で人気サイズのフォトブックが40%OFFで作成できる。
興味がある方はぜひチェックを。



“"