読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久保清隆のブログ

ライフハック、健康、旅行など、役立つ情報を書きます。

成長と自己変革を続けている人が持つ6つの特徴

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))を読んだ。この本は、成長したい人、高い成果を出したい人は是非読むとよいと思う。かなりおすすめの本。ドラッカーをまだ読んだことがない人は、この本から入るといいと思う。

本書を読んで、継続して成果を上げてきた人たちには6つの特徴があることを知った。
以下に、それらの特徴を簡単にまとめた。

1.ビジョンを持っている

いつまでも諦めずに、目標とビジョンをもって自分の道を歩き続ける。失敗し続けるに違いなくとも完全を求めていく。
努力を続けることこそ、老いることなく成熟するコツである。

やはり、目標やビジョンは大切。目標やビジョンを持ってる人と持ってない人では、確かに成長速度が全然違いそう。
ちなみに目標やビジョンの作り方は、この本が参考になった。

目標設定練習帳 新装改訂版

目標設定練習帳 新装改訂版

  • 作者: リチャード・H・モリタ,アーサー・R・ペル博士
  • 出版社/メーカー: イーハトーヴフロンティア
  • 発売日: 2006/07/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 4人 クリック: 48回
  • この商品を含むブログ (10件) を見る

2.誇りを持ち、完全を求める

仕事において真摯さを重視する。神々以外に誰もみていなくても、完璧さを求め、成果に誇りを持つ。

誰から見られていなくても完璧さを持つ姿勢が、偉大さにつながるのだと思う。
「神は細部に宿る」とも言うし、細かいところまで完璧さを追求していく姿勢は大切なのだと思う。

3.日常生活の中に継続学習を組み込む

常に新しいことに取り組んでいる。昨日行ったことを今日も行うことに満足しない。何を行うにせよ、自らに対し、常により優れたことを行うことを課している。さらに多くの場合、新しい方法で行うことを課している。

新しいことに取り組んだり、同じことでも新しいやり方に挑戦したり、常に改善を考えていく必要があると思った。
改善に関しては、これらが参考になる。

4.自らの仕事ぶりの評価を、仕事そのものの中に組み込む

自らの仕事ぶりの評価を、仕事そのものの中に組み込んでいる。仕事の中で、定期的に自分の仕事ぶりを振り返り、検証と反省を行う時間を設けている。

振り返る習慣は大切だと思うけど、忙しいとついおろそかになってしまう。振り返る時間を確保する必要がある。
振り返りの制度を高めるためには、この記事が参考になる。

5.重要な決定をする際、期待する結果を書き留めておく

行動や意思決定がもたらすべきものについての期待を、あらかじめ記録し、後日、実際の結果と比較する。
そうすることで、自らの強みを知っている。改善や変更や学習しなければならないことを知っている。得意でないこと、他の人に任せるべきことまで知っている。

記録しておくことは大事だけど、これもついついめんどくさくなってやらなかったりしている。ちょっとしたことだと覚えてるからいいやと思って記録しなかったら、忘れてしまって、あとで後悔する。
尊敬する先輩が、「記録を残すところまでやって初めて仕事が完成する」、みたいなことを言っていたのを思い出した。

6.新しい仕事が要求するものを考える

仕事や地位や任務が変わったときには、新しい仕事が要求するものについて徹底的に考えるべきことを教えられ、実行している。事実、新しい仕事というものは必ず、前の仕事とは違う何かを要求するものである。

自分が何を求められているのかを意識せずに仕事をしていると、成果につながりにくいと思う。的はずれな努力、無駄な努力をさけるためにも、自分に何が求められているのかを意識し、わからなければ質問していく必要があると思った。


これら6つの特徴の前提になる、最も重要なことは、成果を上げ続け、成長と自己変革を続けるには、自らの啓発と配属に自らが責任を持つことと書かれていた。
この前提を元に、6つの特徴の中で、自分が実践できていなかったことを、どのようにすれば実践できるのかを考え、習慣化し、行動していこうと思う。

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))



お読み頂きありがとうございます。
もしブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録よろしくお願いします。
twitter@kbktもやってます。IT系の最新情報やライフハック情報をよくつぶやいています。よろしければフォローしてください。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
  にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ  人気ブログランキングへ


◆◆このブログのサイトマップへ◆◆