久保清隆のブログ

ライフハック、健康、旅行など、役立つ情報を書きます。

【ハゲる原因と対策】 割り箸を口に乗せるだけで、頭皮の血行が改善し、抜けた毛が復活!

薄毛に悩んでいる人は男女問わずかなりいる。そんな人に朗報。抜けた毛を割り箸1膳で復活させる方法があるらしい。
脱毛や薄毛を引き起こす原因は大きく2つあると言われている。1つは遺伝的要因、もう1つは頭皮の血行不良。後者が原因の薄毛の場合、この割り箸を使った方法で簡単に改善することができる。


方法

割り箸リラックスという方法。やり方はとても簡単。

  1. 仰向けになる(頭の下に枕やタオルを置いてもOK)
  2. 割り箸を口に乗せる(かまないように注意。くわえるのではなく、唇に軽く乗せる感じ。)
  3. 全身の力を抜いて、姿勢をキープ。
  • 30分が理想。最初は、5分くらいから始めてもよい。
  • 1日1回以上行う。2週間ほど続けると効果が出る。
  • 実際にやってみたが、最初に感じるのはすぐに眠れるようになったこと。寝る前にやってそのまま寝ている。また、頭痛や首のこりが改善されてきた。

メカニズム | なぜ抜けた毛が復活するのか?

脱毛や薄毛を引き起こす原因は2つ。

  • 遺伝的要因
  • 頭部へのストレスによる頭皮の血行不良

後者が原因の場合、割り箸リラックス法で改善できる。
現代社会では、日々のストレスで、知らず知らずのうちに歯をくいしばることが多くなり、そのせいで側頭筋が緊張し、頭皮の血行が悪くなっている。割り箸リラックスを行うと、側頭筋や頭全体、首周りの筋肉群の緊張がほぐされて、コリや血行が改善される。それによって、頭皮に栄養が行き渡り、髪に良い影響を与える。
健康な人は口を閉じたときに上下の歯の間に数ミリの隙間(安静空隙)ができる。口に割り箸を乗せることで、側頭筋などの緊張が緩み、下あごの安静空隙を無意識に作り出すことができるようになる。2週間ほど続ければこの状態が身に着いて、常に頭部へのストレスが少なくなり、頭皮の血行不良などを防ぐことができる。

また、側頭筋や僧帽筋などの筋肉が弛緩することで、肩こりや頭痛も改善される。頭痛の原因の8割は緊張型頭痛と言われており、僧帽筋、側頭筋などの筋肉が収縮し、血管を圧迫することで、血液の循環が悪くなり発症する。そのため、これらの筋肉の緊張がとかれると、頭痛は改善していく。